忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  9月29日(土)大阪市立阿倍野区民センター大ホールにて開催される『DEEP OSAKA

  9月29日(土)大阪市立阿倍野区民センター大ホールにて開催される『DEEP OSAKA IMPACT 2012』の2nd ROUNDに出場することが決定していたパーキー(韓国/CMA KOREA)の欠場が発表された

 中尾受太郎(フリー)との対戦が決定していたパーキーだが、肝機能障害で緊急入院最終的な検査の結果は出ていないが、医師の話では格闘技を続けて行くことは無理だというパーキーの代替選手としてジョン・ドゥジェ(韓国/CMA KOREA)が出場するドゥジェは、幼い時から体操を学び韓国代表まで選ばれた実績を持つ03年に韓国格闘技ブームの時代に総合格闘技に転向し、体操で培った基礎体力と爆発的な打撃を武器にネオファイトを中心に活躍してきた10年にはマーシャルコンバットにも出場し、今年、日本で開催されたグラジエーターでは、1日に2試合行い連勝現在、グラジエーター-70kg韓国トーナメント一回戦でKO勝ちし、2回戦進出を決めている和歌山県日高川町船津の県養鶏研究所は、広島大学日本鶏資源開発プロジェクト研究センター(広島県東広島市)と共同で「龍神地鶏」の保存に向け研究を始めた田辺市龍神村原産で、江戸時代以前から飼育されてきたが、絶滅の危機にあるという県養鶏研究所の藤原美華研究員(39)は「龍神地鶏は県民の財産後代まで残せる保護技術を確立し、地域活性化に貢献できるようにしたい」と話している

 龍神地鶏は日本鶏の一つで、田辺市龍神村固有の希少品種ルーツとされるのは、田辺市龍神村のある民家で、少なくとも300年以上前から飼育されているという秋篠宮さまや南方熊楠が訪問し、鶏を観賞した話もあるこの地域で主に観賞用として、飼育されてきたが、近年個体が減少している

 研究所は以前から保存研究を進めていたが、途絶えていた東京農業大学の岡孝夫研究員(当時)や秋篠宮さまらが共同で執筆した龍神地鶏についての論文(2009年)に、絶滅が心配されるために保護すべきだと書かれていたことから、あらためて研究に乗り出した

 研究所が4月時点の飼育状況を調査したところ、研究所の7羽のほか、龍神村や岩出市、奈良県宇陀市の計4戸が計61羽を飼育していることが分かった

 龍神地鶏は、雌の羽一枚一枚に黒い縁取りがあるのが大きな特徴雄は地鶏に多い「赤笹」という模様で、首から肩にかけてと尾の付け根が茶褐色になっている

 大きさは一般の採卵鶏の約半分聞き取り調査では、かつてはもっと大きかったという話もあることから、遺伝的に弱くなる近親交配が進んでいることが予想されている

 保存のためには、遺伝子的に多様な個体と繁殖させる必要性がある研究センターがこの68羽すべての遺伝子を解析し、近親交配の進行度、絶滅の危険性などを調査結果を踏まえ、研究所と研究センターが、健全に繁殖させる交配計画を立てる

 優秀な50羽を育成するのが当面の目標危険を分散させるため、東広島市の研究センターでも飼育しているパーキーの代替選手としてジョン・ドゥジェ(韓国/CMA KOREA)が出場する
グッチ 財布パーキーの代替選手としてジョン・ドゥジェ(韓国/CMA KOREA)が出場する
chanel財布パーキーの代替選手としてジョン・ドゥジェ(韓国/CMA KOREA)が出場する
ルイヴィトン バッグ
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R